高校中退したけど高校卒業資格を取得したい!

高校卒業資格とは何?

高校生の中には何らかの理由で高校を辞めざるを得ない方がいます。その場合最終学歴は中卒ということになりますが、就職のためにと高校卒業資格を取得しようという方が増えてきています。

高校卒業資格とはどういうものでしょうか?これは、学校教育法第1条で定められた、全日制、通信制、定時制のいずれかの高等学校を卒業する必要があります。就学期間としては、全日制であれば3年間、定時制や通信制であれば4年となります。

高校を卒業してないけど、大学を受けたい!

通常、高校卒業資格を得るためには3年間以上かかりますが、高卒認定試験を受けることで短期間で取得することができる場合があります。それは、高卒認定試験に合格するという方法です。これは以前大検と呼ばれていた試験です。

ただし、この方法には条件があります。この試験は、専門学校や大学、資格取得のために高校卒業資格が必要な時にのみ受験することができます。

また高卒認定試験では、高校中退をした方には免除科目が設けられています。通常、国語、数学、地理歴史、公民、理科、外国語という6教科に合格する必要がありますが、高校で単位を取得している場合はその科目が免除となります。その場合、高校にて単位修得証明書を受け取る必要がです。

自分に合った学校を選びましょう

高校を中退して定時制、通信制や定時制の学校に通う人は多くいます。しかしいずれの学校においても中退率が高いという特徴があります。従って、中退をすることなく卒業まで安定して通うことのできる学校を選択することが大切になります。

高校卒業資格は自宅で勉強しても取ることができます。そのため、何歳になってもあきらめることなく挑戦することが可能になります。