就業規則は自分で作成?社会保険労務士に依頼すると楽!

会社にあった就業規則を作成してもらう

従業員が一定人数いるとき、会社では就業規則を作る必要があります。労働基準法を元に、労働基準法に下らない内容で作成します。ですから、労働基準法をそのまま就業規則にしているところもあるでしょう。ただし、会社によっては、厳しめにしたいところもあれば、より社員に優しい規則にしたいところもあるはずです。そこで社会保険労務士に就業規則の作成依頼をします。社会保険や労務の国家資格になり、会社の要望に合わせて作ってもらえます。素人が作ると法律違反ができてしまう可能性がありますが、専門家に作ってもらえばその心配はないでしょう。既にある就業規則を元に作成依頼もできますし、一から新たに作り直しの依頼もできます。

労働基準法などの法律改正に対応

法律が改正されると、新しい法律に基づいて行動をしないといけません。企業に関わる法律もたくさんあるので、常に法改正には気を付けておかないといけません。企業に関わる法律としては労働基準法があります。よく知られている法律ですが、それ以外にも関連法がいくつかあります。それらが改正した時にも、業務の方法を見直したりする必要が出てきます。社会保険労務士に就業規則を作ってもらうと、法律改正に対応してもらいやすくなります。基本的には、就業規則が改正がされなくても違反にはなりません。ただその部分は法律に準拠されます。そのたびに改正しておいた方が、労働者にもわかりやすいですし、人事担当者なども業務を行いやすいでしょう。

社会保険労務士の就業規則は就業規則を作成してもらうことで、従業員とのトラブルを避けることができます。