心理職で初!国家資格となる公認心理師とは?

心理職の資格をめぐる現状

心理職には長い間国家資格が存在しませんでした。近年労働者にうつ病はじめ精神の病が多発していることや、過労死など自殺の問題がクローズアップされたことを背景に、平成30年から正式に国家資格としての心理職「公認心理師」の選定試験が実施されることになりました。

これまで心理に関わる資格といえば臨床心理士が有名でした。しかし大学院卒クラスの難易度を持つこの資格ですら、準国家資格としての扱いでした。

国家資格は非常に魅力的ですが、気になるのが受験資格です。資格は「大学で心理学を学び、必要な課程を修了した人や、一定期間の実務経験を積んだ人に与えられる」とされており、未だ明確な規定は出ていません。

これから心理学を学ぶとしたら

教育現場、労働現場、医療現場などで現在様々な資格を持つ心理職の人たちが活躍しています。しかし準国家資格と言われる臨床心理士でさえ半数近くの人が非常勤です。認定心理師は、これら民間資格の心理職を統括し安定した環境で働けることを目指しています。これから心理学を学び様々な場面での活躍を考えている人は是非ともこの資格の取得を目指すことをお勧めします。

今後更に具体的な資格条件の詳細が出てくるでしょう。心理学科のある大学を受験するのが早道となる可能性があります。現在活躍している臨床心理士が大学院クラスであることから、国家資格が大学クラスでは問題があるという議論もあります。未だに問題も山積みで細かいところを詰めるための議論がなされていくものと予想されます。今後の動向に注目して最新の情報をチェックするようにしたいものです。

心理学の大学に通学をすることで、卒業後にカウンセラーを目指す人にとって、体系的な学習に取り組むことが可能です。